FX会社のA-BOOKとB-BOOK(1/3)

今回は巷でよく聞くFX会社のA-bookとB-bookについてお話しようと思います。

海外ではFX会社のA-bookとB-bookと言っても通じず、この場合はDD取引きとNDD&ECN取引きと置き換えることにより理解されるでしょう。

ではFX会社のA-bookとB-bookとは何でしょうか?

FX業者の注文処理方法の違いを指しています。

FX会社のA-bookとは、NDD、ECN方式で注文処理を行っていて、注文をインターバンクに流して手数料に特化した方式です。

皆さんの考える通常の取引業者のイメージに近いものとなります。

対してB-bookのFX業者は、OTC方式と呼ばれるインターバンクに流さない方法。

お客様とFX業者の勝負とも置き換えることができます。

どちらも違法性はなく問題にはならないのですが実際にはどのようなことになるのでしょうか?次回に続きます。